人気ブログランキング |

ブログについての簡単な説明
by morimoto-dc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
『虫歯は食生活習慣病』vol.4
前回の続き

患者: なるほど、外側からの力も虫歯に関係しているんですね。

森本:それを僕ら歯科医は外力と呼んでいる。で、歯の表面はエナメル質
という硬いもので覆われてるんだけど、その内側は象牙質といって
エナメル質より少しやわらかい構造となっている。
   外力によって、クラックが入ってしまうと、クラックから簡単に酸が
   象牙質に浸入してしまう。

患者: 対応策ってあるんですか?

森本: あるよ。フッ素を歯に塗ってやると歯質は強固になる。フッ素を塗っ
    た歯は口の中のphが4.5にならないと溶け始めないんだよ。

患者: フッ素を塗ってないと歯はph5.5で溶け始めるんでしたよね。フッ素
    が歯にイイと聞いたことがあるんですけど、本当だったんですね。

森本: そうなんだよ。だから、年に3~4回程度歯科医院でフッ素を塗布して
    もらうと、クラックがあってもフッ素によってある程度は修復される
    んだよ。

患者: 外力っていうのは歯並びと関係があるのですか。

森本: そう、咬合力、噛み合わす力が影響している。虫歯になってからの治
    療はもちろんだけれども、虫歯そのものの予防の為に、機能的に正し
    い歯並びに誘導してあげることが僕ら歯科医の務めでもあるんだよ。
    正しい歯並びだと虫歯予防はもちろん、歯周病の予防にもつながるし
    ね。

患者: なるほど、今までの先生のお話で、虫歯になるメカニズムが良く分か
    りました。同時に虫歯が食生活習慣病であるということも納得できま
    した。森本先生、どうもありがとうございました。

森本: どうもありがとうございました。
by morimoto-dc | 2007-05-19 00:00 | ムシ歯
<< 歯周病についてのお話 vol.1 『虫歯は食生活習慣病』vol.3 >>