人気ブログランキング |

ブログについての簡単な説明
by morimoto-dc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
歯周病についてのお話 vol.2
前回の続き


患者:では、“何らかの原因”とはどういったものがあるんですか?

森本:一つは、口腔内に嫌気性細菌(酸素を嫌う細菌)と呼ばれる歯周病
   性細菌が何種類かいて、それが何らかの原因でポケット内で増殖することによって、
   ポケット内の酸素は減少していく。つまり嫌気度が上ることになり、活性酸素が発生
   する。その活性酸素が歯肉の細胞を傷つけてしまう。で、その傷口から歯周病原性細菌
   が入ってきて歯肉炎を起こすんだよ。
   でも、この嫌気性細菌と呼ばれる歯周病原性細菌が何故増殖するのかははっきりとは
   分かっていないんだよ。嫌気性細菌と呼ばれる歯周病原性細菌が増殖する理由は分か
   ってないけど、内毒素を出すのははっきりと分かっているんだよ。

患者:歯周病の原因で歯周病原性細菌以外の何か原因はあるんですか。

森本:前の虫歯の話と同様に、咬合力などの“外力”も歯周病の原因となっていると言われて
    いる。でも、まだまだ“外力”の研究は進んでいないんだね。

患者:でも、単純に歯周病原性細菌を殺せばいいと言う話ではないことは確かですね。

森本:そういうことなんだよ。で、歯周病になると、ずーっと歯周病が進行するかというとそうで
    はなくて、“静止期”と“活動期”があるんだよね。この“静止期”と“活動期”のサイクル
    は人によって全然違うんだよ。活動期が毎月来る人もいれば1年に2回来る人もいる。
    これもまだまだ解明が進んでないんだけど、僕はストレスも関係しているんじゃないか
    と思っている。良くあるのが、年末や年度末の慌しい時や、転勤等で引越しした時な
    どの、何か忙しい時に活動期が来ることが多いんだね。

患者:ストレスを感じると歯にはどういう影響があるんでしょうか?

森本:ストレスを感じたり、忙しい時って自然と歯をグーッと噛み締めるよね。噛み合わせが
    悪い、つまり正しく噛めてない人は力が歯のある箇所に集中してしまい、結果として歯
    がグラグラしてしまうことがある。グラグラするとポケットが広がってしまう。さらに、忙
    しいからといって歯の清掃が普段よりおろそかになったりすると、プラークが広がった
    ポケット内に溜まって歯周病原性細菌が一気に活性化して歯周病が進行してしまうこ
    とがあるんだよ。つまり、歯周病原性細菌だけを殺せばいいという話しでは無いという
    ことなんだね。

患者:つまり、一つの要因ではなく複合的な要因によって歯周病が発症、進行するということ
    なんですね。

森本:どんなに一生懸命プラークコントロールをしても、それだけではダメで、力のコントロー
    ルもしてやらないと歯周病の予防に繋がらないと僕は強く思っているんだよ。

患者:“プラークコントロール”と“力のコントロール”が歯周病予防のキーワードということで
    すね。歯周病になってからではなく、いかに歯周病にならないかを考えていくのがとて
    も大事ということを強く実感しました。単に歯周病予防といっても、日々の歯磨きをしっ
    かりと行うだけでは不十分で、歯科医師さんに定期的に歯をチェックしてもらって、初
    めて歯周病予防と呼べるんだと思います。
    今回も大変勉強になりました。どうもありがとうございました。

森本:どうもありがとうございました。
by morimoto-dc | 2007-05-22 00:00 | 歯周病
歯周病についてのお話 vol.1 >>